スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「医学と芸術展」に行ってきました

昨日は久しぶりに弟と会いながら
六本木森美術館で開催されている
「医学と芸術展」に行って来ました
(→医学と芸術展 生命と愛の未来を探る~ダ・ヴィンチ、応挙、デミアン・ハースト←)
---------------
<概要>
第一部 身体の発見
人間がどのように身体のメカニズムと
その内部に広がる世界を発見してきたのか、
その科学的探究の軌跡と成果を
多数の歴史的遺物によってたどり、紹介します。

第二部 病と死との戦い
人間が老いや病、そして死をどのようなものと捉え、
またそれに対して、いかに抗ってきたのかを紹介します。
医学、薬学、生命科学の発展の歴史だけでなく、
老いや病、生と死についての様々なイメージが登場します。

第三部 永遠の生と愛に向かって
最先端のバイオテクノロジーやサイバネティクス、そして脳科学などに基づき、
人間はなぜ生と死の反復である生殖を続けるのか、
人間の生きる目的や未来を読み解くことは可能なのか、
そして生命とは何であるのかを、医学資料やアート作品を通して考察します。
---------------


医学をこれだけ細かく分類して
アート作品として世に発する活動をしている人にまず驚き
「第一部 身体の発見」は
人体を最初に解明しようとした謎に心血を注いだ情熱を、
「第三部 永遠の生と愛に向かって」は
クローンなどの現代科学の分野に入ってきていて
そこもまた未知なる世界への情熱を感じました。

しかし「第二部 病と死との戦い」の捉え方が一番難しい。
誰もが「生」を現在進行形の中
このテーマをどう訴えていくのか
どんな捉え方でもできそうな展示物ばかりでした。
その中でも一番強烈に揺れ動いたのが
同じアングルで撮った同じ人の2枚の大きな顔写真達。
その2枚の違いとは
目が開いているものと閉じているものでしたが
開いているのが生きていた時の顔
閉じているのがお亡くなりになった時の顔
だそうで、事前に了承を得て写真を撮らせてもらった
という解説がありました。
同じような写真であるにも関わらず
目が確かに生きているのと眠っているだけではない写真。
その違いがはっきりと滲み出てきて
その「アート」自体が訴えたいものはよく解りましたが
それを「アート」として受け入れるには
あまりにも心が痛く涙が溢れてきそうになりました。
その中の一部、
愛くるしい瞳が印象的な小さな赤ちゃんの2枚の写真。
その子の名前は、産声の様子は、
最初に握ってくれた指は、初めて抱いた匂いは・・・
想いが募る程
なんて残酷な展示なんだろうという気持ちで胸がいっぱいになり
その時はその場をすぐに立ち去りましたが
ここまで心を突き動かすインパクトをもたらものこそ
実は「アート」たるものなのか。。。

最後辺りで展示されていた
芸術の為に科学技術で蛍光に光るウサギを誕生させた行為が
やりすぎと批判されたのと同じように
自分自身で判断する境界線を
しっかりと確立しなくてはならないのかもしれません
常に葛藤の中から作品を生み出す芸術家達の志も
感じてしまいました。

蛍光に光る ウサギ
<参考>作品をモチーフにしたグッズより

「医学」と「芸術」という意外な組み合わせに
ただ興味本位で足を運んでみたんですが
様々な角度から
いろんな事を考えさせられた展覧会でした
来年2月いっぱいまで開催中との事です。


↓最後の方の展示だったので見れなかったアイデア作品。
 「不平の合唱団」。
 日常の不平不満を合唱する事で
 マイナスのエネルギーをプラスのエネルギーに変える活動。
 私的見所は人前でストレスを吐き出すだけで
 いつの間にか笑顔になっているところ。。。
 作ってない方の方が笑えます。
 フィンランドのアーティストが生み出したこの作品は
 百薬の長たる「笑顔」を世界に広げているようです。
 (→公式サイトComplaints Choirs Worldwide←)




↓老いたスーパーマン達が暮らす老人ホームの作品が強烈だった
 ジル・バルビエの作品集
Gilles BarbierGilles Barbier
(2006/09/15)
Gilles Barbier

商品詳細を見る
スポンサーサイト
1

comment

管理者にだけメッセージを送る

メインページ作りました!
ご訪問ありがとうございます。
Gucko'sIndexes 情熱ダイナー
をブックマーク頂けましたら幸いです。(_ _)
これからもどうぞよろしくお願いします。
Julian Lennon&James Scott Cook/Lucy
ソーシャルブックマーカー
Share |
あとで読む
RSSリンク

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
プロフィール

Gucko

Author:Gucko
体調の変化とうまく付き合いながら、楽しい仕事と育児を模索する30代ママです。
詳細はこちら
→ビッグローブプロフィール
診断確定までの経過は→こちら
同時進行中!育児日記・ライフワークブログは
こちら→「そのうち、きっと。」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
グーバー&ブログ村

フィードメーター - 「のんびりがんばる」という事
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ


カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク&ブックマーク
あわせて読みたい
フィードメーター - 「のんびりがんばる」という事 あわせて読みたいブログパーツ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
6902位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
570位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
ちょこっと寄り道



楽天
強く思うところ
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。