スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱のけものみち

このところまた体調が悪く
肩から背中にかけての鈍痛と左頭頂部頭痛が出てきたので
先月あまり使わず大量に余っていた鎮痛剤を
連日服用で何とか乗り切っておりますが
今日辺りは今朝の台風一過の如く
徐々に回復してきそうな気配です

昨日は銀行に記帳しに行ったら
市からの見舞金の振込みがあり
自分で作った口座の預金残高が増える喜びを
久しぶりに実感しました
(SLE=全身性エリテマトーデスは難病指定されているので
 特定疾患として助成金を受けられる場合があります。
 難病疾患見舞金もそのひとつでうちの地域では
 市役所の障がい者福祉課で所定の手続きをして
 その受給資格を得る事ができました。
働いていた頃は正当に自分が評価された基準として
そのお給料に一喜一憂しておりましたが
そういう感覚が蘇ってくると
生活の為というよりも
やはり社会に「評価」という形での報酬を求めていたのだと実感します。
私の性格だと勤めに出た場合
体調の具合を周りに理解してもらうのを面倒くさがり
その上任された仕事は何が何でもやり通したいと思ってしまって
自分に負荷をかけ続ける気がするので
勤めに出ずこのありがたい見舞金の応援を支えのひとつとして
これからをポジティブに考えていきたいです。
(「ポジティブ」の内容は過去記事
 →SLEでも「好き」を追求してそれなりに収入を得たい
 でどぞ)

ウェブの世界でのやり方はいくらでもありますが
「好き」を追求してそれなりに収入にしようとするなら
毎日更新でなければならないし
最低でも隔日とかしないとSEO的にも非常に無駄
(SEOとはページのアクセスを増やすために
 サイトに何らかの作業を反映させてアクセスアップに繋げる事。
 まずは入り口を広げなければならないけれども
 今は各ユーザーの入り口が多種多様、複雑になってきて
 あらゆる仕掛け存在するようです。)
検索エンジンだけとっても新しい情報が常に上位表示されるし
それによって早めにたくさんアクセスを集められれば
追従してくる情報に対しても優位に上位キープしていられる。

ただの個人の一ブログで収入を成り立たせようとする場合
いろんな配慮が必要で
それこそSEOだけに的を絞って運営する手もあると思います
(実際そういうサイトはいっぱいあると思います。)
本来そこまで考えなければならないけれども
記事を書きたい私がそれに費やす時間がない
という時点で「収入」を目的としたサイトとしては落第です。
その上体調が悪いだ、育児中だとサイト運営に比重をかけられないのも
理想を豪語するには夢見がちな発想。
路上ミュージシャンのようなものです
現実の厳しさは重々承知してますが
夫の優しい理解を得て、やりたいようにやらさせてもらってます

改めて自分のアイデンティティっていうのは「情熱」なんだと実感し
私が冷めてしまったらたぶん私ではなくなるんではないかと思うくらいです。
うちの県の新米知事も熱いですが
その「熱」の質とはちょっと距離を置いて
自分なりの保温状態を見極めたいと思います。

↓ブログの記事単体で報酬が得られるのが「ブログライター」という仕事。
 こちらにたくさんリンクがありました。
 ネット副業錬金術

↓エリック・クラプトン&ベイビーフェイス/チェンジ・ザ・ワールド
 「フェノミナン」という映画の主題歌でした。
 本編中には泣きませんが、エンディングでこの曲が流れて主人公とクロスさせると
 いつも号泣してしまいます


フェノミナン [DVD]フェノミナン [DVD]
(2006/04/19)
ジョン・トラボルタキーラ・セジウィック

商品詳細を見る
スポンサーサイト

SLEでも「好き」を追求してそれなりに収入を得たい

「好き」な事を追求して仕事になれば素晴らしい
でも「世の中そんなに甘くない」「生活の為だから仕方ない」
と妥協して選ぶのもきっと少なくない。
そういう割り切りはまだいいと思う。
「好きな事がない」と思い込んでいるのが一番問題
探す努力を続けていればきっと自分でも気がつかなかった
「好きなもの」に出会えると思う。

私の場合思いがけず
「情報を追うのが好き」という自分に気がつき
「子供の教育」「音楽」「映画」に「情報」が加わりました。
これだけ好奇心旺盛な分
「好き」を極めるリスクを負っているにも関わらず
体が思う通りにいかない事がある
SLE患者でもある私
特に「情報」なんて速さが勝負の世界極められるはずがない。
突き詰めると
「命を犠牲にしてもいいから
 やりたい事をやり通せ!」
と聞こえる訳です

そこで同じSLE患者でも意見が分かれると思いますが
私自身「長寿が勝者」という認識はないので
何が良いというのはないと思います。
ただある期間における生存率の統計(10年生存率何%とか)の上昇は願いたいので
果敢に取り組む際にはをそれを十分認識していたいと思います。
なので、無理の利かない体で「好き」を追求して
尚且つ収入にしようとする奮闘を
これからのテーマとして
この目標にたどり着けるかやってみたい。

という訳で
余裕がある日に記事大量にアップです
そんなサイクルも無理なく極めるのひとつの手段

↓勝間論VS香山論は対極でおもしろい!
 まさに「『そこそこ』がいい」と思わせる解説記事です。
「勝間和代を目指さない幸せ」 反「カツマー」本が30万部突破


↓読んだ事ないのでピックアップだけ。。。
しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)
(2009/07)
香山 リカ

商品詳細を見る


勝間・藤巻に聞け!「仕事学のすすめ」~自分ブランドで課題克服(NHK出版生活人新書)勝間・藤巻に聞け!「仕事学のすすめ」~自分ブランドで課題克服(NHK出版生活人新書)
(2009/10/10)
勝間和代藤巻幸夫

商品詳細を見る

生きるために水を飲むような読書

2冊一気読みして何だか頭の中が堅くなってしまった。。。
生きるために水を飲むような読書
とは梅田望夫著「ウェブ時代をゆく」で使われている表現で
まさしくその本と出合わなければ先に進めなかっただろう
と思う本の事。
たぶん今私は正にそんな本との出会いを渇望しているんだと思います
欲しい情報にたどり着けないのは
「探したいもの」が理解できてなかっただけだったんだと解り
少しずつ欲してるものが解り
探し方も解ってきた感じです。

今回梅田氏の意見に寄るとするならば
このブログの意義も知識を共有できるだけのものにしよう
という事に気がつきました。
始まりはただの日常のたわごと(自己満足)でしたが
ちょっとバージョンアップを気にしだしたので
人の為になる事を意識していきたいと思います
後「この程度誰でも知ってる」「もっと深い人がいっぱいいる」
という認識で自分自身の表現を躊躇っていましたが
その分野に興味はあるけど「知らない人に」「浅い人に」届けばいい
という事で(上を見たらキリがない)
私でお役に立てる事があれば
惜しみなく出していける努力をしていきたいと思いました
(よく調べて書くつもりですが
 間違ってしまったらすみません。)

今感じてるのは知りたいと思う高度なサイトになるに従って
専門用語の多用や最新技術が取り入れられており
そのサイト自体意味が解らず引いてしまうのが多いので
できるだけ解りやすさ、入りやすさを意識していきたい思います。

バカや暇人の境目いる私がひとつだけ弱音を吐くならば
「好き」を追求するのに時間を惜しまないのは解っているけれども
例えば母親としての生活でこなさなければならない仕事や
そうありたい姿である為の努力も同時に求めるならば
そうそうPCの前だけに没頭している訳にもいかない
・・・なのでスピードにはこだわらず
その辺りは惜しんでいかなければ。
理想を求めようとしたら
「そこそこ」って本当に難しい。


あ、だから「理想」なのか・・・。

↓梅田氏のウェブブック(!!)はこちら。
 時間がある時にゆっくり読む予定です。
『生きるための水が湧くような思考』


↓よく書店でこういうの売ってるのが目に付きます。
夢をかなえる人の手帳2010夢をかなえる人の手帳2010
(2009/10/03)
藤沢 優月

商品詳細を見る

【書評】ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか/これは一種の啓蒙書

梅田 望夫著/ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか

発売当時の約2年前に読んでいたのであれば
また印象は違っていたと思います。
筆者の提唱するこれからのウェブの時代がまさに現実化されて
現状で感じている事の裏づけをしてもらった
という点では「ウェブはバカと暇人のもの」と全く同じ印象。
しかしこちらは人間の理想像を元に書いているので
若干啓蒙書に近い気がしました。
「ウェブはバカと暇人のもの」でいうバカと暇人もこの啓蒙書を読めば
現状も何か変わるかしれないと思うけど
そういう場合は結局副題にある「いかに働き」(どう生活の為に稼げるのか)が
一番興味深いはずなんで
そこが未だ明確な道が見えていない部分があり(筆者が言うところの「けものみち」)
理想に至っていない要因のような気がしました

要は「ウェブ自体で大儲けはできない」という事
その辺りでバカと暇人が増殖するのか否かは置いといて。
但し「『好き』を追求」して何かにたどり着くというのが
「いかに働き」のファイナルアンサーである事は
別にウェブの世界でなくても珍しい話ではないし
確かな事だと思います。
「好き」をどれだけ追求できるか。
それだけ「好き」なものがあるか。

筆者が言うところの理想で
国内で具体化されたサイトのひとつに
株式会社エニグモ
(→リンク株式会社エニグモ
という会社の
モノを買わずに貸し借りしてエコしよう!な
ソーシャル・シェアリング・サービス「シェアモ(ShareMo)」
(→リンクシェアモ
知的財産をデータ共有しよう!な
オンライン雑誌販売/閲覧プラットフォーム 「コルシカ(Corseka)」
(→リンクコルシカ
個人の情報発信を知的財産化してプロブロガーになろう!な
個人のブログを活用したバイラルプロモーション「プレスブログ」
(→リンクプレスブログ
等があると思います。
最先端を行く企業を応援したいとは思いますが
何かしら雲行きが楽観的になれず
ウェブ時代のジレンマを感じてしまう心配性な私。

政権交代を果たした現政権に対して感じるのと似て
日本のトップに安心感を見出せば
ウェブの世界もきっと何か変わると思う
・・・しかし、限界はあるけれども
追従型の他力本願を変えなければならない
と各々が自覚する潮時な気もしています。

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)
(2007/11/06)
梅田 望夫

商品詳細を見る


↓何となく思い出した。マッキーの「どんなときも」。
 「好きなものは好きと 言える気持ち 抱きしめてたい」
Noriyuki Makihara 20th Anniversary『Best LOVE』(仮)Noriyuki Makihara 20th Anniversary『Best LOVE』(仮)
(2010/01/01)
槇原敬之

商品詳細を見る
Noriyuki Makihara 20th Anniversary『Best LIFE』(仮)Noriyuki Makihara 20th Anniversary『Best LIFE』(仮)
(2010/01/01)
槇原敬之

商品詳細を見る

【書評】ウェブはバカと暇人のもの/バカや暇人になる時間は誰にでもある

中川淳一郎著/ウェブはバカと暇人のもの

大抵新書を買う時は「何」を知りたいのか目的をもって選びますが
今回は現在のウェブの「何」を知らないのかを知る為に選んでみました
そしてこの本は決して的外れではなかった感じがします。
「ひまつぶし」
インターネットをしていると
どうもこのキーワードにぶつかってしまいます。
私の場合「ひまつぶし」ではなく有益な情報を探して時間を費やしているのに
それにたどり着くまでにいろんな情報に阻まれて
横道にそれたり、「ない」と諦めたり
私のYahooやGoogleから検索して探すやり方にも限界があるのでしょうが
それまでにどれだけ時間が経っているか

誰でもが常時賢人で忙人でいるには疲れるから
そんな時の「遊ぶ」為の情報の方が占めているからなのか。
筆者が
今のウェブは「バカと暇人」の為のツールだから
それなりのビジネス展開しかできない
と明確に嘆いてくれた事で
ウェブに何かを期待して煮詰まってしまった時の割り切り感を促し
絶望的な気持ちの整理をつけさせてくれている気がします
だけどそこから抜け出さなければならない、
というのも諦めの底から湧き上がって来る訳で
実は本書の本来の狙いはそこにあるんではないか
と思ってしまうくらい

心の切り替えでONとOFFがあった場合
OFF時の使われ方は限りなく楽しい。
ではONで使うにはどう欲しい情報をどう探せばいいのか。
ONの隙間のなまけ心を誘惑するばかりでなく
OFFの隙間に軽く生き方や未来を真剣に考えるネタを入り込ませてもいい。
所詮「人間みな快楽主義」と言ってしまったら何も先に進まない。

何をもって「楽しい」と感じるか。
やっぱり自分にとっての「幸せの価値観」に繋がる気がします。
一人一人が自分の考えを確立する事を諦めないで真剣に向き合えば
この風潮もいつか飽きられる
そんな理想を描いてしまいました

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
(2009/04/17)
中川淳一郎

商品詳細を見る
メインページ作りました!
ご訪問ありがとうございます。
Gucko'sIndexes 情熱ダイナー
をブックマーク頂けましたら幸いです。(_ _)
これからもどうぞよろしくお願いします。
Julian Lennon&James Scott Cook/Lucy
ソーシャルブックマーカー
Share |
あとで読む
RSSリンク

このブログの更新情報をメールでお届けいたします。
メールアドレスをご入力ください。
記事通知ブログパーツ「読んでミー。」
プロフィール

Gucko

Author:Gucko
体調の変化とうまく付き合いながら、楽しい仕事と育児を模索する30代ママです。
詳細はこちら
→ビッグローブプロフィール
診断確定までの経過は→こちら
同時進行中!育児日記・ライフワークブログは
こちら→「そのうち、きっと。」

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
グーバー&ブログ村

フィードメーター - 「のんびりがんばる」という事
にほんブログ村 病気ブログ 全身性エリテマトーデスへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ


カテゴリ
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク&ブックマーク
あわせて読みたい
フィードメーター - 「のんびりがんばる」という事 あわせて読みたいブログパーツ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
15056位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1315位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
ちょこっと寄り道



楽天
強く思うところ
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。